造園エクステリア庭の設計・施工庭のお手入れ・庭作りは新和造園が東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県など関東一円どこでにもお伺いいたします。

〒178-0065 東京都練馬区西大泉5-17-29 お問い合わせ:03-3922-2721


Re Garden リ・ガーデン ここからまた、家族と住まいの新しい物語がはじまる

よくある質問

ご質問

木の寿命ってどのくらい?

回答

屋久杉

木の種類は多いので、寿命もまた木によって違います。背の高い大きな木の中にはとても寿命の長いものもあります。

日本の屋久島にある屋久杉という杉の木は、2000年〜3000年も生きています。桃、栗3年、柿8年とよく言われますが、これらの木のようにあまり大きくならない木はそれほど長生きすることはできません。十数年から数十年くらいで、100年も生きられないことがほとんどです。

スギ科の中でメタセコイアという木は日本各地からも発見されていますが、中国の四川省で発見されるまで生きているものは知られていませんでした。日本でも300万年から100万年前頃まではたくさんあったそうで、生きた化石として有名です。

人間は二酸化炭素を吐き出して酸素を吸って生きていますが、木は二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出しているので人間と交換関係にあります。数千年という年月となると調査は難しいですから、解明できてない部分も多いのですが、研究では6000年くらいまでは生きるのではないかという説もあるようです。


目次ページに戻る

▲ページの先頭に戻る