造園エクステリア庭の設計・施工庭のお手入れ・庭作りは新和造園が東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県など関東一円どこでにもお伺いいたします。

〒178-0065 東京都練馬区西大泉5-17-29 お問い合わせ:03-3922-2721


Re Garden リ・ガーデン ここからまた、家族と住まいの新しい物語がはじまる

よくある質問

ご質問

雑草が多くて困っています。どうすればよいでしょうか?

回答

除草

雑草を抜き取る、刈り取る、枯らす、または新たに生えないようにすることを含めて除草と呼びます。

除草の方法には手取り、機械、生物、化学除草などがあります。

手取り除草は素手や鎌、鍬などの道具を使って抜き取ったり、根こそぎ刈り取ったりする方法です。小さな畑や菜園、家の庭などで行なわれます。また、他の除草法を補う目的でも行われます。水田や畑で作物を栽培するときに雑草は大変やっかいな存在です。雑草の種子は風や水の流れや動物、人間によって運ばれ、土壌中の養分や水を奪い、日光を遮り、作物の生育を阻害します。放置しておくと収穫量が減ったり、収穫が皆無となることもあります。

機械除草は畑地、水田の周辺、果樹園、空き地などで機械を使って除草作業する方法です。

生物除草は雑草を好んで食べる動物を放して雑草を防除したり、雑草を病気にする病原菌をまいて防除する方法などがありますが、問題点も多く、実用的ではありません。

化学除草は除草剤を用いて雑草を枯らしたり、生えてこないようにする方法です。最も一般的な方法で広く用いられています。作物の収穫量や品質を低下させる雑草を防除する薬剤で、除草剤は農薬の一種ですが、動物や病原菌に対する作用はあまりありません。

栽培している訳でもないのに、庭の周囲に勝手に生えてきて人間に嫌がられながらも、丈夫で短い期間に成長するので困りますが、早めに対処するのが肝心です。


目次ページに戻る

▲ページの先頭に戻る