造園エクステリア庭の設計・施工庭のお手入れ・庭作りは新和造園が東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県など関東一円どこでにもお伺いいたします。

〒178-0065 東京都練馬区西大泉5-17-29 お問い合わせ:03-3922-2721


Re Garden リ・ガーデン ここからまた、家族と住まいの新しい物語がはじまる

よくある質問

ご質問

ベランダやバルコニーで、簡単に育てられる野菜はありますか?

回答

ベランダやバルコニーで、簡単に育てられる野菜はありますか?

大きな鉢やプランターで比較的容易に育てられるものは多く、ピーマン、ナス、ミニトマト、パセリ、シソ、ハーブ、細ネギ、葉物などがあります。ピーマンやナス、その他の野菜も種類が多いので、ごく一般的な育てやすいものを植えつけると上手く育てられます。

まずは鉢やプランターのなかで畑をイメージしてください。土壌つくりが大事なのです。酸性土壌を中和させるために苦土石灰などを使用します。3週間後くらいには苗を植えつけるので、3月の終わりごろから4月の初めにかけて野菜専用の割合の土や培養土などに混ぜておきます。使い古しの土でも、もちろん利用できます。その場合は腐葉土を2、3割混ぜてゴミや石ころなどを捨てて使用します。その後、堆肥や元肥も混ぜておきます。4月の中頃過ぎの暖かい日が続くころに、なるべくしっかり育っている苗を手に入れて、鉢やプランターに植えつけはます。

最初はそれほど水分を必要としません。植えつけ時に水を与えれば、2、3日に1回くらいで大丈夫です。苗がしっかり根を張り出した頃から、様子をみながら肥料を与えるようにしてください。また、土の表面が乾いていたら、しっかり水を与えます。夏季は(6月〜9月ころまで)プランターや鉢物は乾き過ぎないように注意してください。

美味しい野菜を上手にたくさん育てるには、わき芽を摘むタイミングや支柱を立てる作業などが大事です。1年目、2年目は試行錯誤でも3年目くらいになると要領がわかりますので、諦めずに挑戦してみるのがよいでしょう。スペースが少なくても日の当たる庭なら、それほど耕さなくても、キュウリやオクラなども育てられます。ただし、根菜類は広い畑でなければやはり収穫ができません。野菜の育て方は、本やネットにも多く記述がありますのでそれらを参考にするとよいでしょう。

目次ページに戻る

▲ページの先頭に戻る